株式会社新日本出版社 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-25-6 TEL03-3423-8402 

新日本出版社

商品詳細

世界現代史への鋭角的な視角を浮き彫りにした対談

ISBN978-4-406-06139-1 C0030

現代史とスターリン 

現代史とスターリン 

『スターリン秘史――巨悪の成立と展開』が問いかけたもの

定価2,376円(本体2,200円)

2017年6月16日

四六判上製 352P

『スターリン秘史』は、これまでの現代史の“定説”をどこまで書き換えたか。渡辺氏が専門知識を駆使して時期ごとに整理した論点を軸に、『秘史』が解明した二〇世紀・世界政治の真相とそのことのもつ意義をあらためて浮きぼりにした。『前衛』誌に3回連載した対談に両氏が整理・加筆の手を加えた。巻末に『秘史』関連年表(不破氏作成)も初収録。

  • はじめにースターリンとのかかわり
  • 現代史の見直しと『スターリン秘史』
  • Ⅰ  反ファシズム統一戦線と「大テロル」の時期(一九三四〜一三九年)
  • (1)   コミンテルン第7回大会をめぐって
  • (2)   「大テロル」と個人専制独裁体制の確立
  • (3)   人民戦線政府とスターリン
  • Ⅱ  独ソ提携の時期(一九三九〜一四一年)
  • (1)   独ソ不可侵条約とスターリン覇権主義
  • (2)   ヒトラーの対ソ攻撃決断、四カ国同盟構想
  • Ⅲ  反ファシズム世界戦争の時期(一九四一〜一四五年)
  • (1)   反ファシズム世界戦争とスターリン覇権主義
  • (2)   ポーランドとユーゴスラヴィア
  • (3)   コミンテルンの解散
  • (4)   スターリンと対日戦の集結
  • Ⅳ  「冷戦」とスターリン戦略(一九四五〜一五三年)
  • (1)   ヨーロッパでの「冷戦」の始まり
  • (2)   「第二戦線」構築という角度から朝鮮戦争を分析する
  • 総論的にー現代史の見方が変わってくる
  • 『スターリン秘史』関連年表
  • 『スターリン秘史』全六巻の巻と章の構成一覧