株式会社新日本出版社 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-25-6 TEL03-3423-8402 

新日本出版社

商品詳細

GAFAなどの情報通信産業を、この一冊でつかむ

ISBN978-4-406-06394-4 C0033

多国籍企業・グローバル企業と日本経済

多国籍企業・グローバル企業と日本経済

定価2,420円(本体2,200円)

2019年10月30日

A5判上 192P

アメリカのGAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)に代表される情報通信産業は、国境を越えて活動し、中国との摩擦を深め、世界経済に大きな影響を与えている。新たな展開を進める巨大資本の動向を「多国籍企業」「グローバル企業」としてとらえ、米中貿易摩擦の背景を解明し、GAFAの実態に迫る。

    はじめに(夏目啓二)
  • 第Ⅰ部  多国籍企業の展開をどう見るか
  •  報告1   多国籍企業の変化の特徴について(小栗崇資)
  •  報告2   デジタル多国籍企業の経済的覇権(夏目啓二)
  •  報告3   自動車産業に見る国際競争の展開(小阪隆秀)
  •  報告4   財務データから見た多国籍企業の特徴(田村八十一)
  • 第Ⅱ部  多国籍企業・グローバル企業の動向と実態
  •  多国籍企業研究の視点について(桜井 徹)
  •  米中デジタル多国籍企業の覇権競争―米中貿易摩擦と日本企業(夏目啓二)
  •  多国籍企業の財務構造と会計・税制(小栗崇資)
  •  自動車産業の「CASE」をめぐる競争と支配(小阪隆秀)
  •  グローバル・バンクの動向と今後の展望(中野瑞彦)
  •  医薬品産業におけるグローバル化と現代医薬品企業(細川 孝)
  •  インターネット通販大手のアマゾンとアリババ(小信田八郎)
  •  アマゾンにみる流通分野の新展開と「反アマゾン法」(佐々木保幸)
  •  多国籍企業を規制する運動の新しい展開(筒井晴彦)
  • あとがき(小栗崇資)