株式会社新日本出版社 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-25-6 TEL03-3423-8402 

新日本出版社

商品詳細

喜び、悲しみ、切ない願い−−子どもの魂のはじけるような躍動が聞こえます。

ISBN978-4-406-03263-6 C0037

心ってこんなに動くんだ

心ってこんなに動くんだ

子どもの詩の豊かさ

定価1,728円(本体1,600円)

2006年4月25日

四六判並製 224P

「たみちゃん、なにしてるかな。国語かさんすうかわからへんけど、きんちょうしてるかな」。転校した友だちをやさしく気遣います。子どもの詩は、子どもの世界から降り注ぐメッセージの宝庫です。あふれんばかりの思いや願いが込められています。ベテランの先生が、もがきながらもけなげに生きる子どもの心を読み解きます

〔目次〕

  • はしがき
  • 第一章  子どもの詩の心
    • (一)子どもの喜び、あふれるエネルギー、やさしさ
    • (二)子どもの悲しさ、つらさ、さびしさ
    • (三)深く豊かに人を想像しながら、子どもたちは人間的な心を育てる
    • (四)子どもたちは自分を語り始めるか
  • 第二章  詩を書いて、人間的な心を育てあう
          ―京都・北山杉の里の子どもたちの生活と詩―
    • (一)山里に春が来た(二年生)
    • (二)のびよ! ヒョウタン!(四年生)
  • 第三章  子どもの詩の「読み」は確かか?
    • (一)詩の心を読む ―悲しさの所在―
    • (二)子どもの詩・推敲と表現の自由について
    • (三)教科書の詩は未来へ向かう希望を歌うか
  • 第四章  どのように子どもに詩を書かせたらよいか
    • (一)「おーい  ともだち」(低学年)
    • (二)「心ってこんなに動くんだ」(中学年)
    • (三)「あなたの心が  ゆったりするのは」(高学年)
  • あとがき  ―子どもとともに歩むということ―