株式会社新日本出版社 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-25-6 TEL03-3423-8402 

新日本出版社

商品詳細

生誕150年没後90年 二つの生き方を歩んだ苦悩を現代に問う

ISBN978-4-406-05653-3 C0095

森鴎外 国家と作家の狭間で

森鴎外 国家と作家の狭間で

定価2,052円(本体1,900円)

2012年11月23日

四六判上製 207P

森鴎外は、明治政府の陸軍軍医でありながら、天皇制国家への「反逆」である「大逆事件」に強い関心をもった。「沈黙の塔」など事件を間接的に描いた作品もある。鴎外にとって国家とは、その中でいかに文学と思想の自由を擁護する近代的市民として立ち現れたのか。その今日的意義を問い鴎外の実像に迫る評伝。

  • [目次]
  • 序章 風土、時代、人
  • 第1章 津和野時代の森林太郎(鷗外)
  • 第2章 西欧体験
  • 第3章 帰国後の啓蒙活動
  • 第4章 不本意な転出を糧として
  • 第5章 1910年前後の政治と文学
  • 第6章 晩年の輝き
  • 第7章 巨星墜つ