雑誌「経済」発行元株式会社新日本出版社

経済2017年2月号NO.257

経済2017年2月号NO.257

特集 2017年の日本経済をどうみるか

定価1,030円(本体954円)

送料78円(第3種郵便)

2017年1月8日発売

2月号恒例の「2017年の日本経済をどうみるか」を特集。安倍政権の4年間、あらゆる分野で破たんがあらわになるアベノミクスの転換、打開策をさぐっています。「日本経済の長期停滞」(工藤昌宏)、「異次元金融緩和と金融・財政問題」(山田博文)、「第4次産業革命」(藤田実)、「戦争できる国づくり」(金子豊弘)、「安倍政権の働き方改革」(牧野富夫)のテーマごとに、今年の国民的運動の展望を考えます。

論文・「『公的マネー』40兆円超の株価対策」(垣内亮)は、年金資金を運用するGPIF、日銀の破格の株式市場介入の実態を暴露。「安倍政権の農協『改革』とTPP」(田代洋一)は、農協法改正のねらい、TPPとの関係を分析しています。

ほかに、「2017世界経済の動向②」、「年金積立金のあり方を考える」(河村健吉)を掲載。<入門講座・企業分析⑨>は、「内部留保・従業員・生産性の分析」(谷江武士)です。

【特集】 2017年の日本経済をどうみるか

 ◇特集にあたって――2017年の世界と日本    (経済情勢研究会)

 ◇日本経済の長期停滞はなぜか          工藤昌宏

 ◇「異次元金融緩和」と金融・財政問題の深刻化  山田博文

 ◇「第4次産業革命」がもたらすもの       藤田 実

 ◇「戦争できる国」づくり 
   ――安倍政権下で進む軍事産業の育成・強化  金子豊弘

 ◇安倍政権の「働き方改革」 
   ――どうなる非正規雇用と長時間労働     牧野富夫

 ◇経済政策をめぐる対決点と展望        (経済情勢研究会)

【データで見る日本経済(28)】貿易・為替レートの動向

【論文】

 ◎「公的マネー」40兆円超の株価対策
   ――GPIF、日銀資金の株式市場投入の実態 垣内 亮

 ◎安倍政権の農協「改革」とTPP        田代洋一

 ◎年金積立金のあり方を考える
   ――年金特別会計とGPIF業務報告書の分析 河村健吉

【2017世界経済の動向(2)】

 ◇世界を揺るがす中国鉄鋼業の供給過剰      大場陽次

 ◇多国籍企業とタックスヘイブン
   パナマ文書の衝撃(下)           山脇友宏


【入門講座◆企業分析 (9)】      内部留保・従業員・生産性の分析     谷江武士  ◇コラム=企業分析の視点からCSRを考える  (田村八十一) ●世界と日本  中国の貧困解消計画               平井潤一  韓国の鉄道ストライキ              洪 相鉉 ●書評  建部正義著『なぜ異次元金融緩和は失策なのか』  桜田 氾 ●新刊紹介  労働総研『2017年国民春闘白書』  久保田貢『考えてみませんか9条改憲』  牧野広義『ヘーゲル哲学を語る』  中野晃一『つながり、変える私たちの立憲政治』  小山久美子『標準化と国際貿易』  エマニュエル・トッド『問題は英国ではない、EUなのだ』 ●随想 電通過労自殺に思う            浪江 巌 ●コラム  カジノはマネーロンダリングの温床  COP22の合意  問われる「欧州の民意」 ●扉 大河ドラマ「オリンピック」
制作・雑誌「経済」編集部 当ホームページはリンクフリーです。ご自由にリンクをお張り下さい。