雑誌「経済」発行元株式会社新日本出版社

経済2018年1月号NO.268

経済2018年1月号NO.268

特集=世界の構造変化とグローバル資本主義

定価1,030円(本体954円)

送料78円(第3種郵便)

2017年12月8日発売

特集は「世界の構造変化とグローバル資本主義」です。日本共産党副委員長の緒方靖夫さんに聞く「世界の構造変化と社会変革の運動」は、核兵器禁止条約の意義と国際秩序、最近、訪問したレバノン、キプロスでの交流を語ります。

特集では、座談会「グローバル資本主義をどうみるか」(出席=鶴田満彦、萩原伸次郎、米田貢、佐々木憲昭)のほか、アメリカの現在を追う2論考、「ミネソタからのリポート」(薄井雅子)、「トランプ政権と多国籍企業」(山脇友宏)があります。

対談「核兵器禁止条約をつくった力」は、高草木博・原水協代表理事と、太田昌克・共同通信編集委員が、核大国を追及する世界の流れ、北朝鮮問題の解決の道筋を論じています。

ほかに、「今日の私立大学――問題の所在と解決のすじ道」(野中郁江/山賀徹)、「日本学生支援機構の経営分析」(寺澤智広)、「イギリス階級闘争史と宗教」(長久理嗣)、「再生産表式と商品資本の循環」(川上則道)などを掲載。

【特集】 世界の構造変化とグローバル資本主義
緒方靖夫さんに聞く (日本共産党副委員長)
   世界の構造変化と社会変革の運動

《座談会》
グローバル資本主義をどうみるか
出席
鶴田満彦(中央大学名誉教授)/萩原伸次郎(横浜国立大名誉教授)/
米田 貢(中央大学教授)/佐々木憲昭(元衆議院議員)

「偉大なアメリカ」の幻想と現実
  ――ミネソタからのリポート    薄井雅子

トランプ政権と多国籍企業(下) 
 「内むき資本主義」と新型グローバル統合体    山脇友宏

【対談】核兵器禁止条約をつくった力   ――核大国を追及する世界の流れ 高草木博(原水協代表理事) 太田昌克(共同通信編集委員) 【論文】 今日の私立大学   ――問題の所在と解決のすじ道     野中郁江/山賀 徹 日本学生支援機構の経営分析   金融収益の増加と「利ザヤ」獲得による学生への負担   寺澤智広 イギリス階級闘争史と宗教  ――『空想から科学へ』英語版序文から学ぶ    長久理嗣 再生産表式は商品資本の循環とどうかかわるのか    川上則道 ◆年間総目次(2017年1~12月) ◆世界と日本  中国共産党が第19回大会…平井潤一  勝利続く建設アスベスト訴訟…西村隆雄 ◆書評  白藤博行著『地方自治法への招待』…上田幸夫 ◆随想  「村のおっかあのため」祖父の声…西沢江美子(農業ジャーナリスト) ◎コラム ゴールなきマラソン競争/欧州製鉄業の「第4次再編」 ◎扉 マルクス200年
制作・雑誌「経済」編集部 当ホームページはリンクフリーです。ご自由にリンクをお張り下さい。