株式会社新日本出版社 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-25-6 TEL03-3423-8402 

新日本出版社

著者別商品一覧

氏名
窪島誠一郎
カナ
クボシマセイイチロウ
略歴
1941年東京生まれ。印刷工、酒場経営などを経て、64年東京世田谷に小劇場「キッド・アイラック・アート・ホール」を設立、79年長野県上田市に夭折画家のデッサンを展示する私設美術館「信濃デッサン館」を、97年に戦没画学生慰霊美術館「無言館」を設立した。執筆活動では、NHKでテレビドラマ化された、実父水上勉との再会を綴った『父への手紙』(筑摩書房)のほか、『「無言館」の坂道』『雁と雁の子』(平凡社)、『漂白・日系画家野田英夫の生涯』(新潮社)、『「無言館」ものがたり』(講談社)、『「無言館」への旅』(白水社)、『石榴と銃』(集英社)など著書多数。第46回産経児童出版文化賞、第14回地方出版文化功労賞、第7回信毎賞を受賞。「無言館」の活動で第53回菊池寛賞を受賞。

全9件中1~9件を表示しています。(1/1)

  • 画学生が無言で伝えようとした言葉を、今こそ自分の言葉にかえて発せねばならぬ時がきた!

    手をこまねいてはいられない

    手をこまねいてはいられない

    定価1,650円(本体1,500円)

    2016年9月発売

    <文化・芸術・スポーツ>

  • 「現実とは明るいということだと、私は思うす」(野田英夫)

    明るき光の中へ

    明るき光の中へ

    定価2,200円(本体2,000円)

    2016年8月発売

    <ヤングアダルト特選セット<第九期>>

  • 「現実とは明るいということだと、私は思うす」(野田英夫)

    明るき光の中へ

    明るき光の中へ

    定価2,200円(本体2,000円)

    2016年8月発売

    <小説>

  • ふるさと、これでいいんですか? このくに、これでいいんですか?

    窪島誠一郎・松本猛 ホンネ対談 <ふるさと>って、なに?!

    窪島誠一郎・松本猛 ホンネ対談 <ふるさと>って、なに?!

    定価1,760円(本体1,600円)

    2015年6月発売

    <ヤングアダルト特選セット<第八期>>

  • ふるさと、これでいいんですか? このくに、これでいいんですか?

    窪島誠一郎・松本猛 ホンネ対談 <ふるさと>って、なに?!

    窪島誠一郎・松本猛 ホンネ対談 <ふるさと>って、なに?!

    定価1,760円(本体1,600円)

    2015年6月発売

    <文化・芸術・スポーツ>

  • 「戦争協力画」を拒否し、熱きなにものかを放ちつづけた魂の源泉に迫る!

    戦没画家 靉光(あいみつ)の生涯

    戦没画家 靉光(あいみつ)の生涯

    定価1,980円(本体1,800円)

    2008年11月発売

    <記録・回想・エッセイ>

  • 「戦争協力画」を拒否し、熱きなにものかを放ちつづけた魂の源泉に迫る!

    戦没画家 靉光(あいみつ)の生涯

    戦没画家 靉光(あいみつ)の生涯

    定価1,980円(本体1,800円)

    2008年11月発売

    <戦争と平和を考える>

  • あと5分、あと10分…。――画布に向かう「ひたむきさ」に出会う

    傷ついた画布の物語

    傷ついた画布の物語

    定価1,760円(本体1,600円)

    2008年8月発売

    <記録・回想・エッセイ>

  • あと5分、あと10分…。――画布に向かう「ひたむきさ」に出会う

    傷ついた画布の物語

    傷ついた画布の物語

    定価1,760円(本体1,600円)

    2008年8月発売

    <ヤングアダルト特選セット<文芸セット>>