株式会社新日本出版社 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-25-6 TEL03-3423-8402 

新日本出版社

商品詳細

明るく、爆笑、ちょっとホロリで未来が見える!

ISBN978-4-406-06405-7 C0031

共産党入党宣言

共産党入党宣言

定価1,650円(本体1,500円)

2020年4月11日

四六判並 176P

2016年末の「隠れ共産党宣言」で一躍注目を集めた小松さん。その2年半後、小さな「赤旗記事」がさらに人生を変え、「魂が今だと叫び背中蹴る」の短歌を詠んで「入党宣言」に至る心の軌跡を、笑いだらけで語り尽くす。書き下ろし「党大会取材記」も収録した、機知とユーモアに富んだ「日本共産党論」でもある。

目次

  •  
  • とことん共産党を語ります──「隠れ共産党宣言」から「入党宣言」へ──
    • 平気でウソをつく政治は許されない
    • いい時期に入党したなと思ってます
    • 「隠れ共産党宣言」を出した頃
    • 「隠れ共産党宣言」以前は?
    • 転機は、共産党の“歴史の重み”と綱領との出会い
    • 「赤坂から電話ですけど・・・・・・」──共産党から電話が!
    • 「とことん共産党:初出演を振り返る
    • 「赤旗読者宣言」に込めた想い
    • 最後に背中を押したのは
    • 共産党員の真面目さに応える
    • 「赤旗日曜版」での「共産党入党宣言」
    • 郷里・長崎でのトークショーと石木ダム
    • 「今だぞ」っていうタイミング
    • 自分を律してくれるのが組織
    • 真面目な人間集団
    • 党員になって深まる信頼感
    • 「赤旗配達宣言」
    • 小松流「綱領の読み方」
    • 勘所のつかみ方
    • 大会決議案で嬉しかったところ
    • 楽しんでやろう
    • 父の最期の言葉──「わいの書いていることは良か」
    • 子どもたちに戦争のない未来を──一緒に日本を変えましょう
  •  
  • 長崎・佐世保 とことん再現トーク
    • 魂が今だと叫び背中蹴る
    • いま書かないとダメになる
    • 一生訪れることはないと思った党本部へ──志位インタビュー
    • 胸に響いた党綱領
    • 歯車がトントンと回った
    • 「遡り法」で綱領読了
    • 私が出会った共産党員
    • 「わいは、共産党に入ったとか?」
    • 共産党を排除しようとする動きもあるが・・・・・・
    • 共産党の「岩盤倫理」を発揮する時がきた
    • 創立記念講演で聞いた地鳴りのようなもの
    • 野党統一候補を早く決めることの大切さ
    • 「健康年齢」を元気に共産党で
  •  
  • 「岩盤倫理」がたのもしい──一日本共産党第28回大会見聞録──一
    • なぜ私は大会に行けたのか
    • 人生最初で最後の熱烈歓迎に恐縮しきり
    • 「あいさつ」の打診
    • 2020年1月16日11時52分
    • やはり歴史的大会でした
    • 多様かつ新鮮な発言の数々
    • 大会取材後の余韻
    • 旬は過ぎても発信し続ける
  •  
  • むすび──一入党をためらうあなたへ