株式会社新日本出版社 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-25-6 TEL03-3423-8402 

新日本出版社

商品詳細

「原発事故も原爆も過去のことだと思ってた…」

ISBN978-4-406-05927-5 C0036

21歳が見たフクシマとヒロシマ

21歳が見たフクシマとヒロシマ

定価1,650円(本体1,500円)

2015年8月13日

四六判並製 

あれから4年、福島第一原発の問題はどうなっている? そして被爆から70年、被爆された方たちはどうしてる? 現場を訪ね、当事者とふれあい、「自分の問題」になったフクシマとヒロシマ。絡み合う二つの問題の現状と今後、福島の農産物のこと、放射能の健康への影響のことなど、大事な問題を女子大生目線で伝えます。

目  次

第1章 知らなかった福島の「今」 7
〔1〕大切なのは事実を知ること 8
〔2〕避難地域と避難者の状態 21
〔3〕除染はどうなっている? 27
〔4〕事故の損害賠償をめぐって 32
〔5〕子どもの生活と健康状態 37
〔6〕農業、漁業、食の問題 44
〔7〕事故は収束? これからどうなる? 54

第2章 広島で知った「今」の問題 61

〔1〕被爆・被曝、そして核兵器は「今」の問題 62
〔2〕原爆投下時に何が起きた? 69
〔3〕被爆者として「生きる」ことの大変さは? 77
〔4〕今も裁判をしているのですか? 82
〔5〕アメリカはなぜ原爆を投下した? 87
〔6〕核兵器は世界にいくつ? 93
〔7〕核兵器はなくせるのか? 98

第3章 原発と原爆の関係を考える 石川康宏 105

〔1〕はじめに原爆ありき、原子力発電も軍用から 106
〔2〕アメリカの核軍拡戦略が生み出した原発大国・日本 111
〔3〕核武装の能力を維持するために 116
〔4〕原発輸出とアメリカの核政策 122

第4章 あの場に行ったからこそ見えたこと〈ゼミ生座談会〉 127

〔1〕いつのまにかの思い込みに気づかされた 128
〔2〕たくさんの人の思いにふれて 136
〔3〕「自分に関係ないこと」ではなくなった 142
〔4〕核兵器による被爆・被曝も終わっていない 149

おわりに 157