雑誌「経済」発行元株式会社新日本出版社

経済2003年3月号 No.90

経済2003年3月号 No.90

都留重人「『ブッシュ・ドクトリン』の時代に生きて」

※ただいま品切れ中です。

定価1,026円(本体933円)

送料62円(第3種郵便)

2003年2月8日発売

日本経団連の「奥田ビジョン」批判

アメリカのイラク攻撃の危険に各国で批判が高まるなか、注目される都留重人氏の20ページにわたる寄稿論文。都留氏は、「9・11」事件から、2002年1月「悪の枢軸」を打ち出した「ブッシュ・ドクトリン」へ至る動きを明快に分析、批判。かつてのアメリカ建国を支えた独立宣言、「内政非干渉」の理念が、戦後、東西冷戦を経て、ブッシュの「単独主義」へと変質したという流れを骨太く描き出します。

ほかに注目論文として、元旦に発表された日本経団連の「奥田ビジョン」批判(友寄英隆)。教育基本法「改正」問題をとりあげた座談会「どんな教育、どんな国づくりをめざすのか」などがあります。

制作・雑誌「経済」編集部 当ホームページはリンクフリーです。ご自由にリンクをお張り下さい。