雑誌「経済」発行元株式会社新日本出版社

経済2003年5月号 No.92

経済2003年5月号 No.92

総特集 21世紀にマルクスを読む

定価1,362円(本体1,238円)

送料102円(第3種郵便)

2003年4月8日発売

マルクス没後120年
総特集 21世紀にマルクスを読む

この3月、マルクス没後120年を迎えました。本号は21世紀の激動期に、あらためてマルクスの人と思想を多角的にふり返る総特集です(96ページ増)。

上田耕一郎、海部宣男、辻井喬、暉峻淑子ほか各界の16氏が、マルクスの業績の真髄を、縦横に語る「私とマルクス」。「マルクス 人と仕事」(服部文男)「宮川彰さんに聞く・『資本論』は何を明らかにしたのか」「マルクスの哲学の生命力」(鰺坂真)「科学・技術観を学ぶ」(長田好弘)など、その思想と人間像に光を当てています。

新メガ、アジアでのマルクス研究の到達点を紹介する「21世紀と『資本論』研究」では、「日本における新メガの編集」(大谷禎之介)、中国・李其慶、韓国・鄭文吉の両氏による研究状況の紹介、不破哲三氏の「資本論三部作」の重要点を語る山口富男論文などがあります。

また日本共産党本部で行われた昨年の代々木『資本論』ゼミナールほか、各地で開催されている『資本論』学習会をリポート。マルクスとのかかわりで今日的視点から貧困論、銀行・信用論、協同組合論、史的唯物論などを論じた「現代資本主義研究の課題」の五論文があります。

制作・雑誌「経済」編集部 当ホームページはリンクフリーです。ご自由にリンクをお張り下さい。