雑誌「経済」発行元株式会社新日本出版社

経済2003年7月号 No.94

経済2003年7月号 No.94

特集 日本経済と「デフレ」

※ただいま品切れ中です。

定価1,026円(本体933円)

送料86円(第3種郵便)

2003年6月8日発売

りそな銀行への公的資金投入に現れたように、日本経済の長期停滞、デフレ現象は一段と深刻です。特集では、(1)インフレ、デフレの概念整理と資産デフレ(松本朗)(2)「インフレターゲット」論批判(松田清)(3)日中間の為替問題(今田真人)(4)慢性的な過剰生産状態と経済政策論争(小松善雄)という四人の論者が、日本経済の深部の問題をえぐります。

『資本論』研究では、中川信義「資本のグローバリゼーションと南北問題」、金子ハルオ「サービスとは何か。『経済のサービス化』をどう把握するか」の大型二論文を掲載。そのほか聴濤弘「新ロシア紀行(2)」は、現地で見聞したロシア「癒着社会」の実態をリポート。「シリーズ・地域人に聞く」は、帯広市で商店街振興にあたる坂本和昭さんを訪ねます。

制作・雑誌「経済」編集部 当ホームページはリンクフリーです。ご自由にリンクをお張り下さい。