雑誌「経済」発行元株式会社新日本出版社

経済2012年12月号NO.207

経済2012年12月号NO.207

【特集】どうする日本の社会保障

定価1,026円(本体933円)

送料86円(第3種郵便)

2012年11月8日発売

特集の巻頭、横山壽一「社会保障制度改革推進法は何を狙うのか」は、「税・社会保障一体改革」の性格を、小泉「改革」後の流れ、民主党政権の自民党回帰の実態からとらえます。あわせて、国保(長友薫輝)、保育(逆井直紀)、生活保護(木下武徳)、高齢者福祉(矢部広明)、介護保険(日下部雅喜)、障害者福祉(峰島厚)、住宅(高瀬康正)の7分野から、ここ10年の運動をふまえた焦点を明らかにします。

論文は、「解体に向かうアメリカ型企業社会」(大塚秀之)、「タックスヘイブン グローバル資本主義の聖域」(合田寛)、「電気・電子産業の構造変化と東アジア」(山藤次郎)を掲載。

加藤幸三郎さんに聞く「いま、日本の近現代史を学ぶ面白さ」は、『日本資本主義発達史講座』刊行80年にちなんで戦前史への視座を語っています。シリーズ「フクシマは発信する」(2)は、福島の短大の支援活動を紹介。

<特集>どうする日本の社会保障

 社会保障制度改革推進法は何を狙うのか       横山壽一

【「税・社会保障一体改革」とのたたかい】
 ◎ 国保    自己責任と助け合いからの脱却  長友薫輝
 ◎ 保育    子ども・子育て関連法でどうなる 逆井直紀
 ◎ 生活保護  生存権をめぐる攻防の10年    木下武徳
 ◎ 高齢者福祉 市場に翻弄、「介護難民」の実態 矢部広明
 ◎ 介護保険 「介護の危機」増幅させる一体改革 日下部雅喜
 ◎ 障害者福祉「骨格提言」実現への新段階    峰島 厚
 ◎ 住宅    社会保障としての住まいへ    高瀬康正


【論文】
  解体に向かうアメリカ型企業社会
   ――低賃金・低福祉・組合不在の米国の行方  大塚秀之
  タックスヘイブン
   ――グローバル資本主義の聖域        合田 寛
  電気・電子産業の構造変化と東アジア      山藤次郎

 シリーズ=フクシマは発信する(2)
  ◎「福島学」短大生、被災地へ笑顔届ける
    ――二瓶由美子さん・桜の聖母短期大学准教授に聞く
     ★被災地を知り、地域社会に学ぶ。短大のとりくみ紹介
  ◎原発被災者の1年半を追って 尾崎孝史
    ――警戒区域に残る娘を探して〔大熊町・木村紀夫さん〕

【いま、日本の近現代史を学ぶ面白さ】
 『日本資本主義発達史講座』刊行80年にちなんで
  加藤幸三郎さん・専修大名誉教授に聞く

 ◆世界と日本
  ディーセント・ワークデー           宮前忠夫
  ベネズエラ大統領選挙             新藤通弘
 「新日鉄住金」の発足              大場陽次

 ◆書評
  黒田兼一・山崎憲著『フレキシブル人事の失敗』 小越洋之助

◆新刊紹介
竹内常一・佐藤洋作編著『福祉と教育の出会うところ』
鶴田廣巳・大阪自治体問題研究所編『橋下「大阪維新」と国・自治体のかたち』
三島徳三著『TPPと日本の選択』
全国大学生活協同組合連合会東海ブロック教職員 委員会『いまだから伝えたい戦時下のこと』
日本婦人団体連合会編『女性白書2012』
労働者教育協会編『これでいいのか日米安保』

 ◆扉 いじめと人間集団

 ◆筆者からひと言 坂本雅子

 ●随想 坂巻幸雄 Indeed,but…

 ●今月の表紙絵 美濃部民子「降り積む」

制作・雑誌「経済」編集部 当ホームページはリンクフリーです。ご自由にリンクをお張り下さい。