真実に好奇心、未来を見つめる 新日本出版社真実に好奇心、未来を見つめる 新日本出版社

メニュー

ぞうのうんちは1日400キロ! うんちはこのあとどうなるの?

ぞうのうんちはまわる

重松彌佐=文 しろぺこり=絵

定価1,540円(本体1,400円)

出版年月
2024年6月
ISBNコード
978-4-406-06789-8
仕様
8793/ B5変型上/ 28P
タグ
   
ネットショップでさがす
アマゾンでさがす
楽天ブックスでさがす
e-honでさがす

ここは札幌市円山動物園。人気者はミャンマーからきた4頭のアジアぞうと夏にうまれた赤ちゃんぞうだ。1日のうんちの量は4頭でなんと400キロ。動物園ではこのうんちをたいひにかえている。園内には緑が青あおとしげり、野菜が育つ。野菜は動物たちのえさになる。これが動物園のSDGs。

著者情報

重松彌佐

ぞうのうんちはまわる

ぞうのうんちはまわる

定価1,540円
(本体1,400円)

2024年6月

しろぺこり

1977年東京都生まれ。『クジラと海とぼく』(2010年、アリス館)の装画・挿絵を担当。