雑誌「経済」発行元株式会社新日本出版社

経済2018年12月号NO.279

経済2018年12月号NO.279

特集 AI と人間社会

定価1,030円(本体954円)

送料86円(第3種郵便)

2018年11月8日発売

特集は「AI(人工知能)と人間社会」。2本のインタビュー、「人工知能と人間の共生に求められるもの」(栗原聡さん)、「AIとロボット開発 研究はどこまで」(矢野智昭さん)があります。ほかに、「AIの時代をどう見るか」(兵藤友博)、「AIと資本主義の未来」(野口義直)、「AIの進化と労働過程の研究(上)」(友寄英隆)を掲載。

論文「公的マネー70兆円で進む『官製市場』化」(垣内亮)は、日銀や年金積立金による株価買い支えの異常な実態。「中国経済の構造転換と『農民工』問題」(座間紘一)は農村と都市の二重構造を追います。

特集「〈原発ゼロ〉の日本へ」は、「原発ゼロ基本法の成立に向けて」(藤野保史さん)、「即時原発ゼロが拓く日本経済」吉原毅さん)のインタビュー。ほか、「福島の今」(伊東達也)、「もんじゅ廃炉と高速炉開発続行」(岩井孝)、「再検証・東京電力HD(上)」(薄木正治)。


特集  AI と人間社会
 ◎AIの時代の「到来」をどう見るか…兵藤友博

 ◎<インタビュー>人工知能と人間の共生に求められるもの
  栗原 聡さんに聞く(慶應義塾大学教授)

 ◎<インタビュー>AIとロボット開発 研究はどこまで 到達と展望
  矢野智昭さんに聞く(JAXA宇宙探査イノベーションハブ参与)

 ◎AIと資本主義の未来…野口義直

 ◎AIの進化と労働過程の研究(上)
  コンピュータリゼーションのもとでの労働の変化をどうみるか
  …友寄英隆

【論文】 「公的マネー」70兆円で進む「官製市場」化…垣内 亮 中国経済の構造転換と「農民工」問題…座間紘一 「15年戦争」と日本資本主義(下)   内大臣木戸幸一、侍従入江相政日記を参照して…山本義彦
【特集】〈原発ゼロ〉の日本へ  ◎<インタビュー>原発ゼロ基本法の成立に向けて  藤野保史さんに聞く(日本共産党衆議院議員)    ◎<インタビュー>即時原発ゼロが拓く日本経済の未来   吉原 毅さんに聞く(原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟会長)  ◎福島の今 被災者切り捨て許さず、全原発廃炉へ   …伊東達也  ◎もんじゅ廃炉と高速炉開発続行の欺瞞岩井 孝  ◎再検証・東京電力HD(上)   福島原発事故から7年半  …薄木正治
●南ドイツにみる自然エネルギーの取り組み…笛木 昭 ●世界と日本  日米新貿易交渉…金子豊弘  スウェーデン総選挙…宮前忠夫 ●書評  渡辺 治著『戦後史のなかの安倍改憲』…清水雅彦  橋本直樹著『1850年のマルクスによる経済学研究の再出発』…後藤康夫 ◎新刊紹介 『若者よ、マルクスを読もうⅢ』 『女性白書2018』 『自己肯定感を抱きしめて』 ●随想   亡国の陸上イージス…藤岡 惇(立命館大学名誉教授) コラム トランプ流脅しの術/イタリア救急法改定 ◎扉 他愛ない雑談の有り無し
制作・雑誌「経済」編集部 当ホームページはリンクフリーです。ご自由にリンクをお張り下さい。