株式会社新日本出版社 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-25-6 TEL03-3423-8402 

新日本出版社

商品詳細

マルクスが到達した理論的立場をより鮮明にした『新版』!

ISBN978-4-406-06377-7 C0033

新版 資本論 第3分冊

新版 資本論 第3分冊

定価2,200円(本体2,000円)

2020年1月21日

A5判並 442P

第3分冊では、「第四篇」で、資本主義的生産の発展と労働者が生産を担う集団的な主体として成長してゆく過程が、協業、マニュファクチュア、機械制大工業と段階的に追跡される。訳文、訳注も改訂され、「ルールある経済社会」の基礎となる諸命題が鮮やかに示される。未来社会への言及をふくむ「第五篇」、新たな構想で執筆された「第六篇労賃」まで収録。

目次

  • 第一部  資本の生産過程
  •   
  • 第4篇  相対的剰余価値の生産
    • 第10章  相対的剰余価値の概念
    • 第11章  協  業
    • 第12章  分業とマニュファクチュア
    • 第13章  機械と大工業
  •   
  • 第5篇  絶対的および相対的剰余価値の生産
    • 第14章  絶対的および相対的剰余価値
    • 第15章  労働力の価格と剰余価値との大きさの変動
    • 第16章  剰余価値率を表わす種々の定式
  •   
  • 第6篇  労  賃
    • 第17章  労働力の価値または価格の労賃への転化
    • 第18章  時間賃銀
    • 第19章  出来高賃銀
    • 第20章  労賃の国民的相違